2016.06.14 Tuesday

ジャズライフ 7月号のjazz guitar songbook トリコティズム

0

    ジャズライフ誌に連載しているjazz guitar songbookシリーズの第27回はオスカー・ペティフォードのトリコティズムです。

    2016.05.15 Sunday

    ジャズライフ6月号のjazz guitar songbook コルコヴァード

    0
      jazz guitar songbookの第26回はアントニオ・カルロス・ジョビンのコルコヴァードをソロギター用にアレンジしました。


      2016.04.20 Wednesday

      ジャズライフ5月号のjazz guitar songbook

      0
        ジャズライフに連載してるjazz guitar songbookシリーズ25回目は
        新作アルバム「セカンド・ラウンド」で録音したセロニアス・モンクの「Ask Me Now」のギター用アレンジを紹介しております。
        ほぼアルバムと近いアレンジとなってます。
        2016.02.24 Wednesday

        intoxicateとJazz Japan にインタビュー記事やレヴューなど

        0

          Jazz Japan最新号にインタビュー記事とレビューが出ております。







          そして、タワーレコードのフリー・マガジン intoxicate vol.120(2016/2/20発行)にインタビューが出ております。






          いよいよ本日CDリリースです。
          聴いてください。
          2016.02.20 Saturday

          CD「セカンドラウンド」のレヴュー 「週刊金曜日」

          0
            週間誌、「週刊金曜日」2月19日号にCD「セカンドラウンド」のレヴューが出ました。
            ありがたいです。
            ライターはジャズライターの後藤誠氏です。


            iPhoneImage.png
            聴き手がいないスタジオ録音なのに、その気配を感じさせる、稀有なアルバムである。
            とのことです。



            しかし、この表紙とてもインパクトあります。シェ〜〜〜。




             
            2016.02.19 Friday

            「Cheer Up!」インタビュー記事 

            0
              音楽WEBマガジン Cheer Up! からインタビューを受けました。

              新作アルバム『Second Round』について、音楽人生について、そして、師匠ジム・ホール氏の想い出などなど語ってます。
              ご覧あれ。

              http://www.cheerup777.com/secondround.html
              2016.02.12 Friday

              インタビュー、新作レヴューなど、ジャズライフ 3月号に

              0
                早田和音氏によるインタビュー記事が3ページ、ジャズライフ3月号に載りました。
                二人でギターとベースのデュオについていろいろ語っております。

                アルバム・レビューも。

                毎月連載しているジャズギター・ソングブック・シリーズでは、新作アルバムにも収録されている「飾りのついた4輪馬車」を取り上げました。
                ギタリストの方は、こちらも合わせてチェックしてみてください。


                おまけyoutube
                オクラホマより「飾りのついた4輪馬車」




                 
                2016.02.11 Thursday

                ドキュメンタリー”Remembering Jim Hall”

                0
                  ジム・ホール師匠の奥さんのジェーン・ホールさんから今朝メールをいただきました。
                  この動画はどう思う?と聞かれ、Youtubeリンクが貼ってありました。



                  それは、一昨年の四月、ニューヨークのブルーノートでのジムホール・メモリアル・コンサートの合間を縫って録画されたものが中心となってます。ArtistShareのスタジオにジムの友人ミュージシャン達が集まり、まるでパーティのような雰囲気で軽く飲みながら、彼にまつわる可笑しい話や体験をカメラの前で語るという設定だったのを覚えてます。ビル・フリゼール(g)、クリス・ポッター(sax)、アダム・ロジャース(g)、ジョーイ・バロン(d)、ジュリアン・レイジ(g)、スコット・コーリー(b)、スティーブ・ラスピナ(b)、ラリー・ゴールディングズ(p.org)、ネルス・クライン(g)、ケイト・シュッツ(vo.g)、ブライアン・カメリオ(g)そして私がそれぞれにジムとの出会いや楽しい思い出などを語りました。それに加えてジェーン・ホールさんの映像もあります。ユニークで面白いドキュメンタリーです。(何故か自分が一番冒頭に出てくるので少し恥ずかしいです。)



                  たとえば、ジョーイ・バロン(d)は、いろいろあって、最低に落ち込んでいる時にそれを知ったジムから見舞いの絵葉書を受け取る話。裏を見ると、なんとそれはタイタニック号が沈んでゆく絵にsinking of you「沈んでゆく君」 と一言加えられていた。(「君のことを心配してるよ、」Thinking of youとかけているのだ。)
                  クリス・ポッターは書道(?)にまつわる話をしています。「ジムは愛犬ジャンゴの散歩で生まれる副産物(プープー)の形が違うの事に着目し、それを毎日描いて記録していた。ジムはその一つの絵をクリスにファックスして、クリスの日本人のガールフレンドに、どの漢字に似てるか聞いて欲しいと尋ねた。」などなど次から次へと出てくるおかしな話や愉快な話。
                  天国からジムも降りてきて、その部屋で一緒に苦笑していたに違いない。

                  これを見るとジム・ホールは音楽家としてもちろんジャズレジェンドなんですが、人間としは、彼の周りにいる人達を笑いでハッピーにしてきた暖かい人のだなあと改めてわかります。

                  Jim Hall Memorial photo by me
                  remembering jim hall
                  Satoshi  with Scott Colley photo by Takehiko Tokiwa

                  with John Abercrombie photo by me
                  remembering jim hall

                  with Russell Malone photo by me
                  remembering jim hall

                  at the ArtistShare studio   
                  以下 photo by ArtistShare
                  集合写真
                  remembering jim hall

                  remembering jim hall
                  ジョーイ・バロン(d)スティーブ・ラスピナ(b)
                  remembering jim hall
                  ジュリアン・レイジ(gケイト・シュッツ(vo.g)

                  左からジョーイ・バロン(d)ジュリアン・レイジ(g)ビル・フリゼール(g)ブライアン・カメリオ(g)スコット・コーリー(b)スティーブ・ラスピナ(b)ネルス・クライン(g)井上智(g)アダム・ロジャース(g)リー・ゴールディングズ(p.org)クリス・ポッター(sax)





                   
                  2016.02.09 Tuesday

                  FM番組にゲスト出演

                  0

                    FM番組 週刊MUSIC PUNCHI!の中の「佐々木優花のJAZZ jya Night」コーナーにゲスト出演させてもらいました。


                    ジャズフルート奏者の佐々木さんとは東北でのチャリティコンサートなどでしばしば共演しておりますが、
                    彼女の番組にゲストとして出演するのは、今回初めてで、とても興味深かったです。
                    2/24に発売のニューアルバム、”セカンド ラウンド”とそのツアーについて話したり、またスタジオでフルートとギターでジャムったりと楽しい時間でした。
                    ちなみに、写真の後ろの方におられるヘッドフォーンのお方が、番組を仕切るDJ のサトケンさんです。

                    来週と再来週に放送される予定です。聞けたら聞いてみてください!
                    詳しくは以下を御覧ください、これは、佐々木優花さんのサイトhttp://yukafl.jugem.jpからコピペです。
                    ーーーー
                    放送は2/11(FM岩手)、2/13(FM 山形、仙台、秋田)、2/14(FM青森)。2/18(FM岩手)、2/20(FM 山形、仙台、秋田)、2/21(FM青森)です。
                    ぜひ聴いてみてください。どうぞよろしくお願いします(^^)詳細はこちら↓

                    ★週刊MUSIC PUNCH!内でレギュラーコーナー
                    「佐々木優花のJAZZじゃナイト」
                    ※番組の中でコーナーとして放送します
                    FM岩手:毎週木曜日 20:00〜20:55
                    Date FM(FM仙台): 毎週土曜日 21:00〜21:55
                    FM秋田:毎週土曜日 24:00〜24:55
                    Rhythm Station(FM山形):毎週土曜日 26:00〜26:55
                    FM青森: 毎週日曜日 22:00〜22:55


                    番組HP http://www.musicpunch.jp/ 

                    *アプリで全国から試聴出来ます

                    ●全国で聴取可能のアプリ ※auのアプリ「リスモウェーブ」 http://www.au.kddi.com/mobile/service/smartphone/lismo/lismo-wave/
                    ●ドコデモFM
                    http://www.docodemo.fm
                    ●Tuneln Radio (無料アプリ)
                    https://itunes.apple.com/jp/app/tunein-radio/id418987775?mt=8

                     
                    2016.02.05 Friday

                    CD REVIEW: SATOSHI INOUE PLAYS JIM HALL プレイズ・ジム・ホールの英文レヴュー

                    0

                      Dr. Steve Kinigsteinによる「プレイズ・ジム・ホール」の英文レヴューがJust Jazz Guitar MagazineNovember, 2015に出てるはずです。

                      CD REVIEW: SATOSHI INOUE PLAYS JIM HALL

                      BY

                      Dr. Steve Kinigstein

                      This wonderful new disc by the virtuoso Japanese guitarist who is based in Tokyo, is not only welcome – it is necessary. I say this not only in praise of the outstanding music that makes up this CD; but for the musical values it exemplifies. Recently I read a review of a recording where the reviewer (whom I had always respected – and all told, I continue to do so) described the guitarists therein by calling them “guitarslingers” and “the fastest and finest”.  I found this two-dimensional image of their artistry upsetting because lately there seems to be an over-emphasis on “flash” at the expense of musicality. I hasten to remind those players and fans that the flame has to produce both heat and light. Yes, blazing speed is an integral element of bebop. Indeed, it wouldn’t be bebop without it. But in bop, speed exists in service to the music. Unfortunately, these days there are many guitarists on the scene who say nothing, but do it at the speed of light and are consequently deified. (For the record, so to speak, I am not referring to the players about whom the review I cited was written.) 

                      Make no mistake, Satoshi Inoue could play fast enough to earn a speeding ticket on a Texas highway; but he only floors it when it is called for by the musical idea that he wants to express. Jim Hall, who was Satoshi’s teacher, mentor, and eventually his colleague, would be very pleased with his protégé. Satoshi performs with creativity, taste, unblemished technical proficiency as well as deep swing.  I could say the same of his bandmates: Mayuko Katakura on piano, Iwao Masuhara on bass, drummer Kazuaki Yokoyama, and Akemi Ota on flute. 

                      Of the nine tunes on this recording, seven were composed by Jim. “The Answer Is Yes” was written by Jim’s wife Jane, and “Aka Tombo” was penned by Kosaku Yamada. The first track we hear is “Something Special”, and it is that, both in name and nature. Satoshi and the group bring the listener right into the core spirit of this disc: a reverence for the artistic ideal that is reached when head, heart, and hands are all functioning at the peak of their ability. This group did not lose sight of the fact that this was what Jim Hall’s music was about. “Satoshi Inoue Plays Jim Hall” is the embodiment of both respect and understanding of the legacy that was left for us to enjoy and explore by this unique master who passed away in December of 2013. First and foremost, the band is focused on approaching the music in the way Jim Hall would: developing an idea in order to “tell a musical story”.  Each tune on this CD feels like a novella – a tale told in rich detail that leads the reader/listener into a world of whose existence we were aware but whose qualities and character we couldn’t quite imagine on our own. It is also praiseworthy that while keeping true to the “Jim Hall spirit”, Satoshi and the rest of the members of the ensemble maintain their own collective and individual personalities. Nobody is absorbed by the shadow of the master – they are inspired by it.

                          Among my favorite tracks is the beautifully played “All Across The City”.   If you are unfamiliar with this tune, it is not evocative of blaring car horns, traffic jams, and crowds hurriedly pushing through the streets of Manhattan where Jim Hall lived. Quite the opposite: it could portray the brief spell of serenity that might occur between 3:00 - 4:00 a.m. as witnessed by one who just happens to be awake at that hour. The solos taken by Mr. Inoue and Ms. Katakura deepen the feeling of tranquility by adding a certain broadness to the tune. (I know the term “broadness” seems a tad esoteric, but listen to the track; you’ll hear what I mean.) 

                      Another favorite of mine is “Waltz New”. The unisons played by guitar and bass at the beginning of the tune, and later by guitar and piano are playful and intriguing as they set up the listener for the sections that break into time. Not only does the bass solo by Mr. Masuhara demonstrate an eloquent participant having his say, it breathes additional life into the piece. Furthermore, only a drummer as alert, sensitive, and agile as Kazuaki Yokoyama could contribute the percussion enhancements that provide a joyful lightness to this tune.

                      I don’t know how “Aka Tombo” made it on to the disc (maybe it’s revealed in the liner notes, but those are only in Japanese – which I do not speak), but I’m very glad it did. This is a beautiful ballad that highlights extraordinary solos, not the least of which is the thoughtful and elegant one played by Ms. Ota on flute.

                      There is another contributor to the recording whom I would like to cite in this review. Hiroshi Sato was the engineer for this disc. He achieved what I think of as transparency: the instruments sound true in the way one assumes their builders intended them to sound. 

                      (To clarify what I mean, imagine someone who has had cosmetic surgery and someone who is naturally beautiful. They are both good looking, but one could easily tell which one was created in the O.R. and which one was God-given.) Mr. Sato’s efforts resulted in an audio character that is attractively crisp and clear. It feels as if the group is playing for you live in the room in which you are hearing the disc. I sure hope Satoshi brings this group to the United States so that we can, indeed, hear them live.

                          Upon hearing this disc it is satisfyingly obvious that Satoshi Inoue understands that which he was taught by Jim Hall. It is also evident that though Jim is no longer with us, Satoshi remains Jim’s true friend.

                      “Satoshi Inoue Plays Jim Hall” is available on iTunes and Amazon as an MP3. The CD itself is available as an import through Amazon. I would check out all options for differences in price.

                      -----

                      このアルバムをここまで掘り下げて聴いていただけたと思うと本当に嬉しい限りです。

                      私は現時点で、リーダー・アルバムは7枚リリースしました。それらについて日米やブラジルのメディアでいろんなレヴューを書いていただきましたが、多分、これは内容的にも文章の構成的にもベストです。

                      ジム・ホールの文学性や録音メンバーのプレイこと、録音エンジニアのことも触れてくれていて頭が下がります。

                      Thank you Dr. Steve Kinigstein!!

                      Calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      Second Round
                      Second Round (JUGEMレビュー »)
                      井上智 アンド 北川潔
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      バードランドの子守唄
                      バードランドの子守唄 (JUGEMレビュー »)
                      マンハッタン・ファイブ
                      Recommend
                      Recommend
                      Guitars Alone
                      Guitars Alone (JUGEMレビュー »)
                      ピーター・バーンスタイン 井上智, ピーター・バーンスタイン, 井上智
                      Recommend
                      ソングス
                      ソングス (JUGEMレビュー »)
                      井上智, ルーファス・リード, アキラ・タナ, グレゴアー・マレット, マイルス・グリフィス
                      Recommend
                      プレイズ・サトシ
                      プレイズ・サトシ (JUGEMレビュー »)
                      井上智, ラリー・ゴールディングス, アンディ・ワトソン
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM